求人

【求人募集】ものづくり教育事業の企画運営をお任せします。

GarageHigashiOsakaではプチ町工場で作る技術をリアルに体験・体感・体得できるものづくり事業を展開します。そこで、一緒にこの事業を立ち上げ、運営していただけるスタッフを募集しています。ものづくりを体感しながら未来に向けてお仕事しませんか?

こんな事業を展開します。
●ものづくりお稽古教室
●職人に相談して一緒に素材に触れ、考え、作ることができる「作る場」の運営
●体験・体感・体得する
リアルな現場での技術教育の企画開発、運営
●コミュニケーションイベントの開催

■募集職種■
ものづくりお稽古事業の運営をお願いできる方を募集します。
プチ工場でリアルなものづくりを体験することが目的のお稽古事業の運営です。
お願いしたい職種は2つです。
●指導できる職人さん
・ものづくり歴のある方に作る指導、相談者として作る技術を伝承していただきます。
●サポート業務
・職人さんのサポート
 各月の課題を実体験し、教室開催時に職人さんの
 サポートに入って頂きます。
・教室開催準備
 材料、資材手配
・会員管理
 入会手続き、出欠確認、月謝管理
・イベント企画
 教室でのものづくり課題作りやイベントなどの企画提案
職人さんのサポートをしながら次世代のものづくり職人さんの育成を進めていただきます。

■仕事の醍醐味■
プチ工場では金属を始めさまざまなものを作ることができます。毎月変わる製作物を職人さんと一緒に作ったり、教室のサポートをすることでものづくりを体感することができます。
空いた時間に自分で作ってみることもあり。お仕事を通じてものづくりを楽しむことができます。

■求める人物像■
・ものづくりが好きな方
・子供から大人まで人と関わることが好きな方

始めた理由
ものづくりをする場所、ものづくりに触れる場所が圧倒的に少なくなりました。
「ものづくりをさせたい(したい)けどどこでできるの?」
「ワークショップなどで体験するよりも町工場のものづくりをリアルに体験できたら面白い。」
「自分で作ることができる場所があったらいいのに。」
大人から子供まで幅広い年齢層からこのような声を聞くようになりました。
作る機会がないということは創造する力をつける場所がない。
次世代の職人が育つ場所がないということだと考えました。
そろばんやピアノなどは習い事としてあるけどものづくりの習い事はありません。ものづくりに触れる機会がなければ将来のやりたい仕事の選択肢に上がることもありません。そこでリアルなものづくりをするお稽古事業を展開し、まずは実際に作ることから楽しさを知ってもらう場を作ることにしました。
アナログな時代にものづくりをしてきた職人さんは発想豊かな上に自分の腕でものを作る技術があります。そんな職人さんと一緒にものづくりをする場所を提供し、クリエイトできる人を育てていきたい。育てないとものづくりの未来には繋がらない。そう考えました。

作る機会が圧倒的に少なくなった昨今。作る機会がなければ自分で考え、生み出すことができなくなります。
新しい発想が生まれずものづくりは衰退する一方です。
一緒に作ってもらいたいのは子供から大人まで職人さんと一緒にものづくりを体験しながら創造できる人が育つ場所作りです。
私たちと日本のものづくりの底上げに取り組んでみませんか?

コメントを残す