fbpx
Close
  • 06-6720-8735
  • info@machicoco.co.jp
  • Mon - Fri: 9:00 - 18:30

運営会社:株式会社MACHICOCO

町工場ツアーに出かけました

こんにちは。MACHICOCO広報スタッフです。

昨日は東大阪市、八尾市の町工場を回るプチ工場ツアーを開催しました!お昼に集合して旋盤屋さん、円筒研磨屋さん、金型彫刻屋さんの3工場を訪問させていただきましたが、「今度そういう依頼があったらお願いしようかな」とか「この機械でノベルティ作ろかな」とか「その話、動画撮って編集してシリーズ化しましょうよ」とか、アイデア出しながら皆で歩く楽しいツアーとなりました。

今日はそんな工場ツアーのレポートです!

始まりはオンラインミーティングから。

今回の工場ツアーにご協力、ご参加いただいたのは3月5日に急遽開催したオンラインイベントに集まってくださったメンバー。月一で行っていた技術交流会『TECHBAR(テックバル)』がコロナウイルス感染拡大の影響により中止になってしまい、技術体験はできないけどせめて意見交換だけでも…とオンラインで開催したものです。

なんせ急遽告知したもので得体の知れない会に見えたのではないかと思いますが、それでも「こんな時だからこそ情報交換してできること考えよう」と集まってくださったメンバーは面白い方ばかり!

最近どうですか?の情報交換から、この時期だからこそ取り組んでみようと思ってること、オンラインでこんなこともできそうじゃないですか?のアイデア出しなどをし充実した時間となりました。

そのミーティングの最後に、参加されていたデザイナーさんより「せっかくのご縁なので皆さんの工場へお邪魔したいです」というリクエストをいただき少人数での工場ツアーが決定。

というわけで約2週間後、ツアースタート!

最初は旋盤屋さん!

最初は東大阪市森河内にある旋盤&スロッター加工屋さん。旋盤で外径を削った後に、スロッターで内径をこんな風に六角に加工。職人さんはてきぱきと機械を動かし、あっという間に加工をしてしまうので、とても簡単に見えてしまう…。

そして、このスロッターに皆さん興味津々!「初めて生で見た!」という声が続々。質問が飛び交い、職人さんが答えます。マシンに向かう職人さんの姿勢、顔つきは本当にかっこいい!

最後は職人さんが趣味で作ったものについてのお話が派生し、これでノベルティを作ろうとか、写真をイラストデータにして刻印しようなどと大盛り上がり。職人さんにデザイナーさん、ものづくりに関わる方が集まると話が止まりません。笑

 

皆さん…そろそろ次の工場へ…。

というわけで、次は円筒研磨屋さん!

今度は同じく東大阪衣摺の円筒研磨屋さんに移動!そもそも円筒研磨って何…?というお話からスタート。

出来上がった品物の精度を更に上げてより真円に近づける工程です。ある方が「かなり神経使う仕事やなあ…無理やわ~…」と…。1000分の1mmを追いかける上に、研磨は最終仕上げ。つまり、ここで仮にミスしてしまったら…てお話です。ひえー…確かに神経使います。

測定器で実際に寸法を測りながら説明もしてくださりました。せいぜい10分の1mmほどまでしか見たことのなかった私にとっては未知の領域です。笑

その様子を見ていた他の職人さんからこの測定器ええな~欲しい」と声があがります。そこ…!?笑 と思ったら、測定部分の動きが速いので作業効率が上がって良いんだとか。職人視点の意見です。

直接工場を見せていただくと思わぬ発見もありますね(^^)

というわけで、次に移動のお時間です。

事務のお手伝いかと思いきやマシンも動かしてバリバリ研磨もされているというかっこいいお母さまも一緒に!ありがとうございました!

最後は金型彫刻屋さん

八尾市楠根町の金型彫刻屋さんに到着。射出成形型への微細彫刻を得意とされている工場です。例えばこのお酒のキャップを作るための金型です。繊細な加工でイラストや文字が深く彫られているので立体的に柄が浮かび上がり、成形品に高級感が加わります。微細加工が生む付加価値ですね。

現在の代表は3代目ですが、初代代表は彫刻師として記念硬貨の製造等に携わっておられました。その時の技術は今もこの工場に残っており、先代が作られたものも見せていただきましたよ。そして、今は販売されていないという彫刻機も!こちらも初めて見たという方が続出。

そしてとにかく整理整頓がきっちりされていて綺麗なこちらの工場。「繊細な加工しますっていう言っときながら工場がぐちゃぐちゃやったら説得力ないでしょ?」と職人さん。なるほど、工場も美しいので出来上がる品物も美しい!

ここでも床を塗るのに使っている塗料、マシンの掃除に使っている洗剤についてなど、想定外の情報交換がなされておりました。笑 

さて、ここで今回のツアーは終了です!

定期開催決定!

緊急WEB会議から始まり、そこで出た案から実現した工場ツアー。

WEB会議で話す→直接会う、という順番となると不思議な現象が起きます。

工場ツアー当日、「ああ、〇〇さんお久しぶりです!…ちゃいますね、一応『初めまして』が正解なんですかね?笑」「もう知り合いの気分ですけどね。」こんな会話が発生し、結果的に最後の解散時に「忘れてました、今更ですが」と名刺交換。笑 

初対面の人と直接顔を合わせずにWEB上で話すってやりにくい…ということは案外無かったようで、初対面なのか再会なのかわからない不思議な距離感を体験されていました。笑

一方、工場や職人さんの雰囲気、加工の迫力なんかはやはり画像や映像では感じ切ることはできません。今回のツアーでは、おすすめの器具や整理整頓術についての情報交換など直接足を運んだからこその展開もありました。笑 思わぬところでノベルティ作成が決まったりも。もちろん遊びで行っているわけではありませんが、相談や依頼といった決まった目的があるわけではなく、「ただの見学」だからこそ視点や見え方が変わるのかもしれませんね。

大人数でのイベントやツアーはいつ頃再開できるのか見えておりませんが、また状況を見ながら、こういった場を設けられたらなと思います。

ご参加いただいた皆様、そしてここまでお読みいただいた皆様、ありがとうございました!